Home > 苦悩の日々 > 毎日辞めたいと思っていた新人時代

毎日辞めたいと思っていた新人時代

私は大学を卒業し、新卒として、産科病棟で3年間勤務しました。結婚・出産をして退職し、今は専業主婦をしています。

新人教育の整った病院

総合病院の産科病棟(婦人科は別病棟)に勤務していました。
自分が新人の頃、就職して3年目の先輩が、自分のプリセプターとして1人付いてくれました。また、新人教育グループという係が存在しました。新人教育グループには、就職後3年目の先輩から副師長までのベテランが所属し、課題の提示と添削、月1回の反省会や勉強会などを開き、新人全体をフォローしてくれました。
勤務時には、新人の成長具合に合わせて、1人多めにメンバーを配置してくれ(プリセプター・新人教育グループのメンバーであるかは関係なく)、勤務時は1対1でフォローしてくれました。

新人は効率が悪い

効率良く仕事を回せず、就業時間も長くなり、患者さんや先輩に毎日迷惑をかけてしまっていました。
その中でも、自分の判断や報告の仕方が曖昧だったために、患者さんへの対応が遅くなってしまったことがあり、反省しました。

新人の頃は毎日辞めたいと思っていた

就職して1〜2年目の頃は、ほぼ毎日辞めたいと思っていました。
休日でも、今までの仕事の失敗や反省を考えてしまったり、次の日の勤務のメンバー状況(怖い先輩がいないかどうか、当番の医師は誰か)等をずっと考えてしまい、遊びにも行けませんでした。
新人全体へ出される課題も多かったのですが、個人的に出される課題も多く、日勤が終わっても12時頃まで職場の図書館に残ったり、休日も課題について調べて終わってしまうことも多かったです。
私は、仕事の効率も悪かったため、先輩方から良くも悪くも目をかけてもらっており、他の新人が同じ事をしても何も言われないのに、私だけ指導が入ることも多々ありました。
辞めたいと思いつつ、3年間続けてこられたのは、プリセプターの先輩が、本当に良い先輩だったからです。
プリセプターの先輩は、自分も新人の頃は周りよりも仕事が出来なかったと話してくれ、私の気持ちに寄り添って、勤務で会う度に声をかけてくれたり、時には冗談を交えて話してくれたり、フォローをしてくれました。
看護師は、最低でも3年程は続けないと、その科の知識や技術の習得はできないと思い、なんとしても3年間は無欠席で勤務しようと頑張りました。

今新人に対して思うこと

自分が新人として入った頃よりは、だいぶ新人への精神面や成長状況に合わせた手厚いフォロー体制に変わってきている様に思います。
すぐに辞めてしまう子もいますが、頑張っている子も多いと思います。
「ゆとり世代だから」という目で冷ややかに見る先輩もいますが、自分としては温かな目で見守ってあげたいなと思います。

新人が辛い壁を乗り越えるために

看護師は、日々、命と隣り合わせにある職業なため、精神的にも体力的にも本当に厳しい職業だと思います。また、女性ばかりの職場なので、派閥や噂好き、特定の子が目をつけられる、といった、やや独特な状況も多いかと思います。けれど、コツコツと勉強して頑張って勤務していれば、どの職場にも、必ず1人は、自分の事をわかってくれる先輩や同期がいると思います。
その人に上手に頼って、あまり自分で溜め込まずに、自分のペースで頑張ってもらえたらと思います。大変な仕事だけれど、頑張った分だけ、必ずいい看護師になれます。
どうか、自分が看護師になりたいと思った初心を忘れずに、夢に向かって一歩一歩進んでいって下さい。
★プリセプターによるんですよね。素敵な先輩に出会えたんですね。課題が多い中、苦労した新人時代を耐えてきたのは、看護師としても自信になったのではないかと思います。逆に、先輩が冷たい人だったら、続いてないかもしれないですね。