Home > 新人の現実 > 新人は自分ひとり。同期がいなくて心細い日々

新人は自分ひとり。同期がいなくて心細い日々

はじめまして、私は大学病院の内科病棟で4年働き、その後派遣会社から紹介された病院の療養病棟で日勤のみ1年間勤務しました。その間、単発でデイサービスやイベント救護などもやっていましたが結婚を機に仕事を辞めました。その後出産を経験し、今は育児に追われていますが、そろそろ看護師として復職したいと考えているところです。

新人は私だけ

新人の頃は大学病院に勤務していました。
プリセプター制度がしっかりしていましたが、病棟の新人が私しかいなかったので当然の事ながらプリセプターも1人。私の勤務している時にプリセプターの先輩がいない事もよくあり、病棟の先輩全員にいろいろ教えてもらっていました。宿題や課題などは特になく、自分が気になった事を「調べておいて」と言われるだけでした。自分が書く日記のようなものはありましたが、反省文という感じではなくできなかった事を明確にするものという位置づけでした。
同期が病棟にいなかった事は精神的にも辛かったです。つらい事があっても自分で抱えたまま帰って次の日を迎える事が多かったので、そういう時に相談できる同期がいるとよかったなと思います。また、自分ができないことがあると先輩の責任になっていた事もプレッシャーに感じていました。

新人の頃の失敗

SpO2(動脈血酸素飽和度)が低かったのですが、患者さんが「しんどくない」とおっしゃったのを鵜呑みにして先輩に報告しなかったことです。その患者さんにとってはかなり状況が悪化していることを示す数値だったのですが、それに気づかず報告していなかったのです。記録している最中に先輩に指摘され、再度計測し医師に報告する事となりました。

すぐにでも辞めたい

イヤな事があれば、すぐにでも辞めようと思っていました。しかし病棟看護師や他のスタッフの仲がよく、細々した不満はありましたが辞めるほどの理由にはなりませんでした。また、1年や2年で辞めても、技術や知識が足りず次に勤務したところでも使い物にならないだろうと思い3年以上は続けて働こうと思っていました。4年経って退職しました。次の職場は日勤のみでしたが、大学病院と比べてのんびりしていて働きやすかったです。

今新人に対して思うこと

せっかくたくさん勉強もしてつらい事も経験してきたのに、すぐに辞めてしまうのはもったいないです。看護師の資格は病院やクリニックだけでなく幅広い分野で活かすことが出来るので、そのためにも新人の時期だけでなくある程度視野が広がってくるまで勤務してみてほしいなと思います。

新人が辛い壁を乗り越えるために

仕事とプライベートは分ける事です。私は、3年目くらいまでは職場の人とプライベートで連絡を取り合ったり遊びに行ったりする事はありませんでした。また、遊びにいく時はできるだけ仕事と関係のない人と行ったり、1人でゆっくりと時間を過ごす事で仕事から離れました。こうすることで、仕事とプライベートが分けることができて休みの日はリフレッシュできていたと思います。
★新人が一人っていうのは、かなり心細いです!私は、先輩や師長がいじめをするような人間でしたが、同期がいたおかげで1年間続けられた経験があります。それでも1年がやっとでしたが。